Welcome to The Jones Gazette

2018-11

『The Homesman ホームズマン』DVD発売決定! - 2017.11.06 Mon

東京国際映画祭も閉幕してしまいました。

なんとかまとめ画像を・・・と思っていたら、ビッグニュースが!(≧∇≦)

昨年11月に、京都ヒストリカ国際映画祭で日本初上映された『The Homesman ホームズマン』が

DVDで発売されることになりました (*´▽`*)   邦題は『ミッション・ワイルド』だそうです。

TheHomesman-jp.jpg

・・・・・・・・

なぜ『ホームズマン』じゃダメだったのだろう・・・・

しかもトミーさまが色や音にこだわったのに、ブルーレイじゃなくてDVDのみの発売・・・・

う~ん・・・・

ま、何にしてもめでたい(笑)

昨年初上映された際の、11日付朝日新聞の夕刊紙面をもう一度ご紹介します ( `ー´)ノ


米開拓時代、女性の荒涼 「ホームズマン」監督・主演、トミー・リー・ジョーンズ

缶コーヒーのCMで親しまれる俳優トミー・リー・ジョーンズが監督し、主演した「ホームズマン」が

6日、京都ヒストリカ国際映画祭で日本初上映された。上映後のトークショーに登場したジョーンズは、

うわさ通りの気難しさをのぞかせながら、映画への強いこだわりを語った。

京都で初上映

ホームズマンは19世紀半ばのアメリカ中西部が舞台だ。メアリー(ヒラリー・スワンク)は、

開拓時代の過酷な暮らしで心を病んだ3人の主婦を東部に送り返す仕事を志願。

縛り首になりかけたならず者のジョージ(ジョーンズ)の命を助け、交換条件として旅の同行を

もちかける。メアリーとジョージは主婦らと荒涼とした大地を進む……。

今に通じる生きづらさ

「いわゆる西部劇ではない」とジョーンズは強調した。  

女性の視点から開拓時代をみつめた原作小説にひかれ、脚本づくりにも加わった。

「当時のアメリカの領土拡張主義がもたらした代償を描くことが、最も重要なテーマ」と語った。

開拓時代の女性は重要な働き手だったが、男性優位の社会で地位は低い。

虐げられて精神を病んだ女性たちと、一見自立しているようで孤独に苦しむメアリーを対比させ、

いまの世にも通じる女性の生きづらさを生々しく表現した。

「今作はフェミニスト映画であり、ヒューマニストの映画でもある」


京都の会場ではトラブルのため、劇場で用いられるデジタルシネマパッケージ(DCP)形式ではなく、

ブルーレイで上映された。

「大事な色が失われている。メアリーの心境だって、きちんと上映し、見てもらったら伝わるのだが」と

不満をもらした。


風の揺れ、音に

トークショーの雲行きが怪しくなりかけたが、スタッフや共演者の話になると多弁に。

今作にはジョーンズの娘と息子も出演。   

ハリウッドを代表する作曲家の一人であるマルコ・ベルトラミらが音楽を担当した。

空っぽの貯水タンクとピアノをワイヤでつなぎ、風の揺れを音にする大がかりな装置をつくった。

「女性たちの陰惨な心境は既製の楽器で表現できない。旧知のマルコと唯一無二の音楽をつくれた」と

満足そうだ。


イベント後に予定されていたメディア各社の個別取材は、ジョーンズの鶴の一声ですべてキャンセルに。

記者が理由を問うと、「がっかりさせるだけだから。」と答えた。

だが、2006年から出演するサントリーのCMについて恐る恐る聞くと、この日一番の笑顔を見せた。

「缶コーヒーを片手にほほ笑むのではなく、ドラマの世界観が確立されている。

物語も映像もシンプルで力強い。理想の映画づくりに通じるね。」


「ホームズマン」の日本公開は未定。

「私がこだわった色や音をぜひ劇場で体感してほしい」と言い残し、京都の夜に消えた。

伊藤恵里奈さんの記事より


残念ながら劇場公開はありませんでしたが、多くの方にご覧になっていただきたいです (#^.^#)

Amazonはこちらから。今なら26%オフ!




渾身の一作、皆に観てほしい

↑ 押していただけると嬉しいです(^^)
↓ 励みになります<(_ _)>

関連記事

● COMMENT ●

Eveさん、うれしい情報をありがとうございます!DVDは出ないのかと心配していました。邦題がカタカナなら、ホームズマンで良さそうですよね。ミッション・ワイルドは劇中で出てくる単語なのかな?とにかく見たかった作品なので嬉しいです♪
Eveさんオススメのエンジェルス・イン・アメリカも先日買いましたよ。買って安心、そのまま放置。←つまり、まだ見てないんですけど(笑)

Eveさん、こんにちはー!

わーいp(*≧ω≦)/ 祝!DVD発売!
ずっと待っていた甲斐がありました。
なぜこのタイミングなのかさっぱりですが、日本語字幕がついたものを観られるようになってるよかったです。今から発売が楽しみ〜

ゆるり様

こんにちは♪コメントありがとうございます(#^^#)

>DVDは出ないのかと心配していました。邦題がカタカナなら、ホームズマンで良さそうですよね。ミッション・ワイルドは劇中で出てくる単語なのかな?とにかく見たかった作品なので嬉しいです♪
私も心配してました~(^^;
京都ヒストリカの時は、『ホームズマン』だったのですが・・
劇中ででてきたかどうかも不明です(^^; まぁ確かにワイルドなミッションですが(笑)

> Eveさんオススメのエンジェルス・イン・アメリカも先日買いましたよ。買って安心、そのまま放置。←つまり、まだ見てないんですけど(笑)
おおっ!(≧∇≦) メリルさん素晴らしいですよ~ アルも( ̄∇ ̄*)ゞ
私も買うと安心しちゃって観てないものがあります。Sorry Tommyです(笑)

みぃこ様

こんにちは♪ いらっしゃいませ~(*´▽`*)

> わーいp(*≧ω≦)/ 祝!DVD発売!
> ずっと待っていた甲斐がありました。
ほんと、待ってて良かった~ もうダメかと思いましたわ(^_^;)

> なぜこのタイミングなのかさっぱりですが、日本語字幕がついたものを観られるようになってるよかったです。今から発売が楽しみ〜
やはり東京国際映画祭でしょうか・・・
作品を買わないと審査委員長なんかやらないぞって(爆)
いやいやいや。トミーさまはそんなことはしないはず( ̄∇ ̄*)ゞ
ただ、嬉しいんですが、やはりBlu-rayで観たかったです、って言いたいけれど
おっしゃる通り字幕付きが観られるだけでも良しとしなければですね(#^^#)


管理者にだけ表示を許可する

東京国際映画祭まとめ - 画像編 «  | BLOG TOP |  » 東京国際映画祭開幕!

プロフィール

Eve@館長

Author:Eve@館長
ご訪問ありがとうございます。
トミー・リー・ジョーンズ氏の
ファンサイト「The Jones Museum」の館長Eveと申します。

The Jones Museum

本館は諸々の事情により更新が
止まっておりますが、
The Jones Museum 発行の
「トミーさま☆かわら版」を
どうぞよろしくお願いいたします。
神奈川県川崎市在住・50代女性

※尚、当ブログで使用している画像の著作権・肖像権は、画像元である各サイト・出版元に属します。
個人で楽しむのを目的としていますので、著作権等を侵害するものではありません。ご了承ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Tommy (64)
Event (27)
CM (95)
映画関連 (41)
The Family (Malavita) (20)
Hope Springs (22)
Lincoln (23)
Emperor (26)
MIB3 (20)
新作映画 (8)
TV-Movie (6)
The Homesman (40)
ご挨拶 (20)
未分類 (11)
Criminal (21)
JASON BOURNE (25)
Mechanic Resurrection (16)
Just Getting Started (6)
Shock and Awe (1)

月別アーカイブ

11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

Tommy's DVD&Blu-ray

RSSリンクの表示